MENU

高機能性塗料設計技術 ソリューションパートナー

AGのぎらつきを克服!

 背景

 自動車用のカーナビゲーション等は安全の面で、外光の映り込みを抑制するためディスプレイにAG(アンチグレア)やAR(アンチリフレクション)等の防眩、反射防止処理がされている。しかし近年、ディスプレイの高精細化が進むと従来のAGフィルムでは見られなかった「ぎらつき(スパークリング)」というディスプレイをチラつかせて見えづらくする現象が発生。

各社、ぎらつきを低減させる開発をおこなってきたが、映り込みとぎらつきは相反する関係。ぎらつきを抑えると映り込みが出てしまうことより、これらを両立させる塗料の開発が待ち望まれていた。

課題

・ディスプレイ最外装で耐えうる硬度および耐擦傷性

・高解像度(216ppi~450ppi)ディスプレイでのギラツキ抑制および防眩性付与の両立

・スマホやタブレット使用時の蛍光灯の映り込み抑制


  解決手段

・相反する防眩性とぎらつき抑制を両立させるフィラー選定技術。

・ハードコート特性を出すためのUV硬化樹脂(モノマー、オリゴマー)のフォーミュレーション技術。

結果

・フィラー選定技術、UVフォーミュレーション技術、分散技術の組み合わせによりぎらつきの制御に成功。

・すでに某大手カーナビゲーション用途に採用。またスマートフォンのアフターマーケット用フィルムに採用。

・特殊フィラー選定技術を生かし、プリズムや偏光板用途へも展開中。

・曲面のディスプレイ(加飾成形)、フォルダブル、ベンダブルや耐指紋性(汚れ防止)にも対応。


お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

0467-74-6550

受付時間 平日8:30~17:00

  • お問い合わせ

課題解決事例

PAGETOP