MENU

高機能性塗料設計技術 ソリューションパートナー

ディスプレイのぎらつき評価方法がJIS化されました。

この度、当社もその原案作成委員会に参画しました

「ディスプレイのぎらつき度合の求め方」のJISが

12月20日付で制定されました。(規格番号JIS C1006)

 

このJIS制定によって、ディスプレイの防眩フィルム用

AG(アンチグレア)コーティング剤の開発が促進されることなり、

当社も低ぎらつきコーティング剤の性能向上に努めていきます。

 

※経済産業省のウェブページにも紹介されております。

https://www.meti.go.jp/press/2019/12/20191220003/20191220003.html 

https://www.meti.go.jp/press/2019/12/20191220003/20191220003-2.pdf 

 

なお、ぎらつきの少ない当社製品はこちらとなります。

ディスプレイ用UV硬化型AG(アンチグレア)コーティング剤

TOMAX FA-3155M

  

また、過去に「ぎらつき」について解説した

当社コラムはこちらより閲覧可能です。

第9回、スマホを見ていて目が疲れませんか?

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

0467-74-6550

受付時間 平日8:30~17:00

  • お問い合わせ

PAGETOP