MENU

高機能性塗料設計技術 ソリューションパートナー

ペイント&コーティングジャーナルに当社社長のインタビュー記事が掲載されました。

ペイント&コーティングジャーナル2020年7月22日号「2020年夏季特集」に

当社代表取締役社長:塩田淳のインタビュー記事が掲載されました。

"ポストコロナ”を見据える

日本化工塗料

代表取締役社長 塩田 淳

 

 昨期(3月期)は、社内の利益目標をクリアしたが、米中貿易摩擦の影響を受け、

後半の失速を余儀なくされた。中でもこれまで当社が主力としていた自動車用ランプ塗料は、

ランプのLED化や無塗装化などの技術革新により長期的な需要減少傾向にある。

更にコロナ禍の影響により本格再開には時間を要する可能性も出ており、

自動車以外の応用展開を図るなど、かねてから注力している機能性塗料の拡充に注力していく方針である。

 現在、機能性塗料分野においては、ディスプレイ向けの防眩用アンチグレア(AG)コーティング剤が

伸長を続けており、今や当社の柱になりつつある。

 今後はこれらの実績を生かし、PPやCOPなどの難付着オレフィン用プライマーやノンシリコーン離型塗料、

三次元加飾成形用塗料など新規製品の採用に広げていく。

 昨年は試験機器などの設備投資も積極的に実施し、顧客対応力を高められるとの期待がある。

その意味で、今回のコロナ禍は当社にとって、BCPを強化する良い機会となった。

特に技術開発面においては、今だからこそ将来に対する検討をしっかり重ね、

その技術をポストコロナの起爆剤にすることが重要。

 当社としては、強みであるUV硬化技術を用いた機能性薄膜の技術を深掘りし磨き続けるのみ。

今の状況をポジティブに捉えたい。(談)

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

0467-74-6550

受付時間 平日8:30~17:00

  • お問い合わせ

PAGETOP