MENU

高機能性塗料設計技術 ソリューションパートナー

ペイント&コーティングジャーナルに当社社長のインタビュー記事が掲載されました

ペイント&コーティングジャーナル2018年1月3日号「新春特集」に

当社代表取締役社長:塩田淳のインタビュー記事が掲載されました。

“キラーマテリアル”メーカーへ

日本化工塗料

代表取締役社長 塩田 淳

 

 当社は昨年創立100周年を迎えた。前例に捉われない発想で

130年、150年と持続し、飛躍する企業に変革していきたいと考えている。

  そのために重要なのは自社製品の成長。フィルム向けコーティング剤の分野は

顧客評価やベンチマークの把握が難しい特殊な市場だが、展示会への出展を積極化し、

問い合わせや相談から自社の強みを知り、当社ならではの“キラーマテリアル”を育てる作業を重ねてきた。

 最近では、当社の強みである紫外線(UV)硬化フォーミュレーション技術をコア技術とし、

プラスチックへの付着付与と剥離(離型)制御技術の開発に精力的に取り組んでいる。

その中で有機ELに使われるCOP基材のバリアフィルム層に当社コーティング剤の採用が決まった。

難付着基材のCOPにコロナ処理などの前処理なしで付着する機能が高く評価された。

 今後、ディスプレイや各種照明機器などへの広がりを期待している。

また、剥離(離型)技術に関しては、電子デバイス用途で嫌われるシリコーンを含まない

非シリコーン系離型コーティング剤の用途拡大を狙っている。

 今年も展示会への出展を行う他、当社の強みを技術セミナーなどでもPRする予定。

当社が目指すのは“キラーマテリアル”の開発。新製品開発力でブランド認知を高めていきたい。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

0467-74-6550

受付時間 平日8:30~17:00

  • お問い合わせ

PAGETOP